フェリシティークリニック名古屋、名古屋市中区丸の内、整形外科、アンチエイジング、がん統合医療フェリシティークリニック名古屋

クリニック紹介

フェリシティークリニック名古屋について

【院是】
患者さんのしあわせをお手伝いする
“感動を刻むクリニック”
※FELICITY(フェリシティー)は「幸福、至福」を意味します

【理念】
全スタッフの物心両面のしあわせを追求すると同時に、
「長引く痛みからの解放」「最高の健康状態の実現」「がんの克服」を使命として、
患者さんのしあわせと人類社会の進歩発展に貢献します
※原因不明の痛み・体調不良・がんで苦しまれている方、より良い健康をお求めの方の「最後の砦」であることを自負し、問題対処ではなく問題解決を目指します

【ごあいさつ】
院長の河合隆志です。
このクリニックをスタートしたのは、痛みやこり、しびれに悩む方が大変多く、何とかしたいと強く思ったからです。
整形外科、ペインクリニック、接骨院、マッサージ、カイロプラクティックなどに通っているが改善の糸口が見えない。そういう方々です。私自身がかつてそうでした。
それらを否定するつもりは全くありません。科学的に実証されているものも多く、良くなっている方も大勢います。しかし、良くならない方もまた多いのです。
体の損傷の程度はケースバイケースですが、脳で痛みを感じている=「痛みがある」のは間違いありません。あなたの痛みやしびれは気のせいではないのです。
当院ではお一人お一人の病態を詳細に分析し、薬物療法、認知行動療法を中心に、体へのアプローチはもちろん、痛みを感じている脳へのアプローチも総合的に行います。
私は整形外科医として長らく痛みの診療に携わってきましたが、限られた診療時間ではこのような一歩踏み込んだ医療を提供できず、もどかしい気持ちを持ってきました。
皆さんが日々しあわせにお過ごしになれるよう、学び続け、実際に効果のあった医療をすべて提供いたします。

一方、私がアンチエイジングを当院の大きな柱にしているのは、痛みの診療を続ける中で、「体調不良を改善し、健康を実現する取り組みこそ優先すべきだ」と考えるようになったからです。
アンチエイジングと聞いてどのようなイメージを持つでしょうか。美容整形、皮膚のしわやシミ取り、脂肪吸引などでしょうか。それらは見た目のアンチエイジングですが、当院で提供する医療は全く異なります。体調不良の改善、病気の予防、最高の健康状態を実現する、「体の中からのアンチエイジング」です。
あなたのホルモン・血管・神経・骨・筋肉、ビタミン・ミネラルも含めた栄養、酸化ストレス、有害重金属の蓄積などを詳細に分析します。そして、生活指導(食事・運動・睡眠)を基本とし、必要に応じて天然ホルモン、キレーション、点滴、オゾン、サプリメントなどのアンチエイジング療法を行います。
がんや動脈硬化などの老化に伴う病気を予防し、男性も女性も体の中から健康にキレイになる。その上で、あなたの人生をよりハッピーにするのが、当院のアンチエイジングです。

がん統合医療に取り組むようになったのは、開院してすぐ、私の父親が末期がんであると判明したことがきっかけです。アンチエイジング医学を学ぶ中で、高濃度ビタミンC点滴療法はがん治療の補助になることも知っていましたので、いてもたってもいられず、抗がん剤との併用を始めました。体調が良くなり、とても喜ぶ父の姿を目の当たりにして、がん患者さんに対しても、このような治療を安全に提供していこうと決心しました。
年月が過ぎ、患者さんの状況に応じて、がん統合医療をより幅広く行えるようになってまいりました。来院される患者さんの約半数はがんの方です。

少しでも皆さんのお役に立てることを願っています。詳しくは各ページをご覧ください。また、不要な検査や治療をすすめることは決してありませんのでご安心ください。
ご不安なこと、悩まれていることがありましたら、遠慮なくお気軽にご相談ください。

フェリシティークリニック名古屋
院長・医学博士 河合隆志

【著書】
●見るだけでしつこい痛みがすーっと消えるすごい写真 アスコム
●腰痛がラクになる「酸素たっぷり呼吸法」 笠倉出版社
●見るだけで痛みがとれるすごい写真 アスコム
●腰の激痛 自分で治す最強辞典(共著)マキノ出版
●脊柱管狭窄症 自分で治す最強辞典(共著)マキノ出版
●坐骨神経痛 ついに消えた!最強しびれ撃退メソッド(共著)わかさ出版
●あなたの腰痛が治らないのは治し方を間違えているから(共著・監修)アスコム
●痛み・しびれ その原因と対処法(共著)真興交易出版
●腰痛のサイエンス(共著)文光堂
●運動器慢性痛治療薬の選択と使用法(共著)南江堂
●慢性痛-統合的心理行動療法-(翻訳・共著)IASP

※がんの書籍掲載については、がん統合医療のページをご覧ください

フェリシティークリニック名古屋 河合隆志院長
院長・医学博士
河合 隆志(かわい たかし)
略歴
1997年 慶應義塾大学理工学部卒業
1999年 同大学院修士課程修了
2006年 東京医科大学医学部卒業
2006年 三楽病院臨床研修医
2008年 三楽病院整形外科他勤務
2012年 東京医科歯科大学大学院博士課程修了
2013年 愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
2015年 米国ペインマネジメント&
      アンチエイジングセンター他研修
2016年 フェリシティークリニック名古屋院長
資格
医学博士
日本整形外科学会専門医
日本抗加齢医学会専門医
日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医・
リハビリテーション医
日本キレーション協会 キレーション治療認定医
点滴療法研究会 高濃度ビタミンC点滴療法認定医・
キレーション療法認定医・オゾン療法認定医
所属学会
日本整形外科学会
日本抗加齢医学会
日本再生医療学会
日本東洋医学会
日本キレーション協会
点滴療法研究会
日本病巣疾患研究会

専門スタッフより

「皆様の健康生活の支え」となるようなクリニックを目指していきたいです(^-^)

【院長より一言】
誠実で真面目、患者さんや周りの人を大切にしてくれる、とても穏やかな看護師さんです。

Nurse
ENDO(えんどう)
出身地
福井県
資格
正看護師
趣味
LIVE鑑賞

専門スタッフより

出逢いを大切に、明るく笑顔あふれるクリニックにしていきたいと思っています。
そして、皆様の健康の維持に全力で協力します。
私たちと一緒に、健康意識を高めていきましょう!!

【院長より一言】
明るく思いやりがあり、素敵な笑顔とユーモアで患者さんを一緒に笑顔にしてしまう、そんなスタッフです。

Technical Staff
IKEDA(いけだ)
出身地
長崎県
資格
医療事務
医療秘書事務
趣味
LIVE鑑賞、旅行

院長プロフィール

【少年時代】
小学校の頃は、部活動に明け暮れる日々を過ごし、日本武道館で行われる全国大会でトランペットの演奏もしました。勉強は全くしませんでしたが、一つのことに打ち込む習慣がついたのかな、と勝手に思っています。
中学校も田舎の自然豊かな環境にあり、本当に楽しく過ごしました。毎月マラソン大会で山の中を走ったのも良い思い出です。
進学校の岡崎高校では、上には上がいることを思い知らされました。「世界に一つだけの花」ではありませんが、勉強することはもちろん大切だけれど、「自分の良さ」を伸ばすことに努めなければならないのだな、と気付かされた貴重な3年間でした。

【大学時代1】
慶應義塾大学理工学部に進学しました。実家が自動車部品を作る町工場であり、家業を継ぐため理工系の道を選んだのです。しかし、医学部に行きたい気持ちはずっと持っていました。大叔父が医師をしており、子供の頃からお世話になる中で、「医師として人の役に立って、おじさんは本当にいいなあ」と思っていました。
ただ、いざ入学してしまえばそのような気持ちはどこへやら…仲間と過ごすスキークラブでの活動に夢中になっていきました。スキーをするために、アルバイトをしながら2か月間雪山にこもりっぱなし、単位もギリギリ、といった学生生活でしたが、おかげさまで何よりの宝である一生の友人ができました。
医療機器開発の勉強をしよう、と考え大学院に進学、研究に取り組みました。しかし、就職活動をする中で、「医療に関わるのであれば、やはり医師になりたい」という気持ちを抑えられなくなってしまいました。指導教員であった前野隆司先生には、感謝の言葉もありません。家族には大反対されましたが何とか説得し、1年間だけ受験勉強するチャンスをもらいました。本来医師になれない立場であった私が医師になれたのも、家族の理解があってこそです。心から感謝しています。

【大学時代2】
1年ぶりに都に戻り、東京医科大学に入学しました。医学部には様々な背景を持った学生が集まっており、早く社会に出たい、という焦燥感を抱えつつも充実した医学生生活を送ることができました。勉強はもちろん、これまた大好きな音楽活動も6年を通じて行い、良い仲間に恵まれ、様々な出会いがありました。国家試験もストレートで合格、晴れて医師への道を歩むこととなりました。

【整形外科医として】
自分自身が非常に肩こりに苦しんでおり、痛みは人を悩ませ、苦しめるのを痛感していました。「体の構造、体の問題を分析し、根本的に痛みの治療ができる医師になろう」と考え、整形外科医を志しました。
東京で最先端の脊椎治療を行う、三楽病院整形外科にて非常に多くの勉強をさせて頂き、他施設での研修も経て東京医科歯科大学大学院を修了、医学博士の学位を取得しました。さらに痛み診療を深めるため、慢性痛治療のメッカである愛知医科大学学際的痛みセンターにて研鑽を積みました。佐野先生(三楽病院)、牛田先生(痛みセンター)を始め、とても挙げ切れない本当に素晴らしい指導医、先輩、同僚、あたたかいスタッフにお世話になりました、ありがとうございました。

【アンチエイジング医として】
痛みの診療を続ける中で、痛みにスポットを当てるのではなく、体そのものを健康に保つ取り組みこそ重要だ、との思いが日に日に強くなりました。日本抗加齢医学会に入会、アンチエイジングの勉強も並行して行うようになりました。学んでみると非常にやりがいのある医療であり、整形外科専門医に続いて、抗加齢医学専門医も取得、米国のアンチエイジングクリニックで最先端の医療を学ぶ機会も得ました。今まで原因不明と言われていた体調不良も、適切な分析とアプローチで改善できる余地がまだまだあることを目の当たりにし、このような医療を安全に、積極的に提供していこう、という思いを強くしました。

【がん統合医療医として】
開院当初から、結果的にがん統合医療にも携わってまいりました。整形外科医である自分が、なぜこのような道に進むことになったのか。自然の流れに導かれてきたようにも感じます。いずれにしても、ただ目の前の患者さんのお力に少しでもなれるように、それだけを大切にして、今後もお一人お一人、一日一日に向かい合っていきたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました(^-^)

フェリシティークリニック名古屋 河合院長プロフィール

出身地
愛知県豊川市
趣味
スキー(1級)
音楽(ロック全般)
好物
ラーメン
焼酎